« Φなる・あぷろーち第13話(終) | トップページ | スターシップ・オペレーターズ第1話 »

蒼穹のファフナー第25,26話(終)

最終回で1時間スペシャル.サブタイトルは「蒼穹~そら~」.画面に出なかった25話のタイトルは、XEBECのWEBによれば「決戦~きょうせい~」だそうです.
 物語は一騎・真矢・剣司・カノンの戦い、総士の侵食、乙姫の岩戸への帰還が並行して進んでいきます.竜宮島のミールは「バイオスフィア」と判明.「宇宙でもこの島を生かしつづける」いやはやすごいものです.
 総士は消耗戦を教えることで「存在しなくなることへのおそれ」を北極ミールに理解させ、乙姫は岩との外で積み重ねた体験を伝えることで「生と死の循環」を竜宮島ミールに理解させ、フェストゥムと人類との共存の道を開きました.
 あわやと思った一瞬も甲洋が助けてくれ、そしてクライマックス.どうやら主要人物はこれ以上退場せずにすむかと思った矢先に、総士の退場.「いつか再び出会うまで」.でもこの展開、一騎=姫子、総士=千歌音、真矢=ソウマと見れば、「神無月の巫女」ラストと同じでは?
 その後の話は、XEBECのWEBにある竜宮島回覧板に少しだけ記されていました.
 1/10にはノベライズも出るそうです.総士も甲洋もいつか帰ってくるといいですね.

|

« Φなる・あぷろーち第13話(終) | トップページ | スターシップ・オペレーターズ第1話 »

アニメ・蒼穹のファフナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒼穹のファフナー第25,26話(終):

« Φなる・あぷろーち第13話(終) | トップページ | スターシップ・オペレーターズ第1話 »