« スターシップ・オペレーターズ第12話 | トップページ | 4月からのアニメ »

スターシップ・オペレーターズ第13話(終)

 占拠され、ねつ造映像を流されるスターシップチャンネル.地球連合艦隊に沈められるコンキスタドール.急転直下の展開は、王国に取って代わろうとする地球連合の意図によるもの.艦隊派遣の口実にされたアマテラスクルーは、アマテラスが攻撃されるところを銀河全体に生中継しようとする.だからサブタイトル「モーメント・オブ・トゥルース(真実の瞬間)」なんですね.
 言い出しっぺの技術士官は艦に残ることに.彼はこの結果を予測してたんでしょうか.彼とプロデューサーの命と引き替えに中継は成功.アマテラスは地球艦隊4隻も道連れに.脱出したシャトルはセイの船に救出.
 とりあえず話は終わりましたが、これからクルーのみんなは、どうやって暮らしていくかが、ちょっと気になるところです.

 宇宙を舞台にした青春群像ものというふれこみでしたが、政治やメディアも複雑に絡んだリアル風味なお話でした.私は総合してみると面白かったですが、細かいところの設定は無理気味だし、感情移入しにくい人もいるかも.

|

« スターシップ・オペレーターズ第12話 | トップページ | 4月からのアニメ »

アニメ・スターシップ・オペレーターズ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターシップ・オペレーターズ第13話(終):

« スターシップ・オペレーターズ第12話 | トップページ | 4月からのアニメ »