« ガンパレード・オーケストラ 07「春不遠(はるとおからじ)」 | トップページ | Canvas2~虹色のスケッチ 第8話「哀愁のミッドナイトブルー」 »

魔法少女リリカルなのはA’s #8「悲しい決意、勇気の選択なの」

フェイトが倒れたとき、駐屯所のシステムは防壁を素通りして直接ダウンさせられていたとのこと、これも仮面の男の仕業でしょうね.とりあえず司令部は整備の完了したアースラに復帰.

守護騎士達も仮面の男の意図を量りかねており、「大事なことを忘れている気がする」とヴィータ.

そんな中、はやての容態が急変.しばらく入院することに.「三食昼寝付きの休暇をのんびり過ごす」と強がるはやて、誰もいないところでは苦痛を隠しきれない様子.痛々しくて見てられないです.

検索はユーノの本職ですね.闇の書は本来、魔導師の調査研究のためのもの、プログラムが改変されたために、破壊の力を発揮、転生と無限再生をするようになり、あまつさえ持ち主の魔力を侵食し、完成しても魔力を際限なく破壊のために使わせる.しかも、真の主にならないとプログラムは停止、改変できない.新事実が次々と明らかに.

仮面の男に興味を持つクロノ、なのはの戦っていた世界からフェイトの戦っていた世界まで超高速移動.やはりCCSFにあったとおり、仮面の男は、前回の闇の書事件で行方不明になったクロノの父親で、闇の書を完成させてから、プログラム停止を狙っているようで.

入院したはやてのお見舞いに、フェイトとなのはも来ると知って、動転するシャマル.とりあえず顔を合わせないように.

最初は守護騎士達を怪しんでいた石田医師も、今は彼女らを信頼してるんですね.

闇の書がはやてを侵食するスピードが加速、保ってひと月以下、「こんなはずじゃないって、あたしの記憶が訴えてる」とヴィータ、前回なのはにかけられた言葉が効いてるようです.

|

« ガンパレード・オーケストラ 07「春不遠(はるとおからじ)」 | トップページ | Canvas2~虹色のスケッチ 第8話「哀愁のミッドナイトブルー」 »

アニメ・魔法少女リリカルなのはA’s」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女リリカルなのはA’s #8「悲しい決意、勇気の選択なの」:

« ガンパレード・オーケストラ 07「春不遠(はるとおからじ)」 | トップページ | Canvas2~虹色のスケッチ 第8話「哀愁のミッドナイトブルー」 »