« 魔法少女リリカルなのはA’s #4「新たなる力、起動なの!」 | トップページ | 魔法少女リリカルなのはA’s #6「それは小さな願いなの(後編)」 »

魔法少女リリカルなのはA’s #5「それは小さな願いなの(前編)

冒頭のはやて「私はもともと一人やったしな」.保護者はどうなってるんでしょう?

再び、なのはvsヴィータ、フェイトvsシグナム、アルフvsザフィーラ

なのはの技アクセルシューターは、12本同時のホーミングレーザー.シューティングゲームみたいですね.「Control please. It can be done, as for my master」相変わらず言うなぁ、レイジングハート.

シグナムのデバイス・レバンティンは、懐かしの「機甲界ガリアン」ジャラジャラ剣でした.互いを認め合うフェイトとシグナム、「この身に為さねばならぬ事がなければ、心躍る戦いだったはずだが、仲間達と我があるじのため、今はそうも言ってられん.殺さずにすます自信がない.この身の未熟を、許してくれるか」「かまいません、勝つのは、私ですから」格好いいですねぇ.

シャマルに迫るクロノ.しかし謎の仮面の男が手助け.「今は動くな、時を待て、それが正しいとすぐにわかる」どういうこと?

結局、シャマルが闇の書を使って管理局の結界を破壊.「一刻も早く、あるじはやてを、闇の書の真の所有者に」って、なにかタイムリミットが?

「フレーム強化するまで、エクセリオンモードは起動させないでね」って、強化を待たずに起動させる伏線でしょうか.

闇の書の力は純粋な破壊以外に使われた記録はなく、守護騎士達はプログラムに過ぎないはずが、意思と感情を持って行動しているとクロノ.謎は深まるばかりで御座います...

|

« 魔法少女リリカルなのはA’s #4「新たなる力、起動なの!」 | トップページ | 魔法少女リリカルなのはA’s #6「それは小さな願いなの(後編)」 »

アニメ・魔法少女リリカルなのはA’s」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女リリカルなのはA’s #5「それは小さな願いなの(前編):

« 魔法少女リリカルなのはA’s #4「新たなる力、起動なの!」 | トップページ | 魔法少女リリカルなのはA’s #6「それは小さな願いなの(後編)」 »