« 魔法少女リリカルなのはA’s #5「それは小さな願いなの(前編) | トップページ | 魔法少女リリカルなのはA’s #7「壊れた過去と現在となの」 »

魔法少女リリカルなのはA’s #6「それは小さな願いなの(後編)」

いままで感情を見せたという事例は無かった守護騎士達.「私たち全員、ずいぶん変わったわ.みんな、はやてちゃんが、私たちのマスターになった日からよね」本人達も自覚してるんですね.

彼らがはやての元に現れてから半年以上経ってたとは気づいていませんでした.#1冒頭シーンの後、出現した守護騎士に気絶したはやて.そら普通びっくりするよな.しかしシグナム達、はやてのかかりつけ病院はどうやって知ったんでしょう? それに石田医師「誕生日のお祝いの仮装」って言われてよく納得しましたね.

CM明けのアイキャッチは、芋食う夢みてユーノに食いつくなのは.その食い意地は蘭堂りのを彷彿させます.

はじめて家族として扱われた騎士達.R.A.ハインラインの小説に、コンピュータが意識を持つには、愛情を持ってたくさん話しかけてやること、といった話があったのを思い出しました*1.ヴィータがこだわっていた帽子は、はやてに買ってもらったぬいぐるみだったんですねぇ.

現マスター八神はやての望みは、闇の書のページ集めはせず、みんな仲良く暮らすこと.しかし、彼女の身体の麻痺は、生まれたときから側にあった闇の書のせい.そして騎士達の活動維持にはやて本人の魔力をわずかずつ使ってしまう.なんだかユエみたいですねぇ.

結局、はやての命を救うために、闇の書の完成を目指すことにした騎士達.うっうっ、泣かせるなぁ.ところで彼女の遺産を管理している父親の友人って、仮面の男と関係があったりして.

リーゼロッテに「食べられちゃった」クロノ、彼女に「作業が終わったら好きにしてくれ」と預けられてしまうユーノ.面白そうな展開.

*1:「愛に時間を」Time Enough for Love (矢野徹訳、ハヤカワSF) 第2巻p.339 ラザルス・ロングの科白
「”最小限の刺激”というやつさ.ハニー、意識を持つ潜在的能力はありながら自意識のないそういう大きなコンピュータは、どうしてそうかというと、だれひとりそのかわいそうなコンピュータを愛してくれなかったからなんだな.それだけだよ.赤ん坊だろうと大きなコンピュータだろうと…かれらが意識を持つようになるのは、自分にたっぷりと注意がむけられることによってなんだ.愛(ラブ)とふつうは呼ばれているものさ」

|

« 魔法少女リリカルなのはA’s #5「それは小さな願いなの(前編) | トップページ | 魔法少女リリカルなのはA’s #7「壊れた過去と現在となの」 »

アニメ・魔法少女リリカルなのはA’s」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女リリカルなのはA’s #6「それは小さな願いなの(後編)」:

« 魔法少女リリカルなのはA’s #5「それは小さな願いなの(前編) | トップページ | 魔法少女リリカルなのはA’s #7「壊れた過去と現在となの」 »