« ARIA The ANIMATION 第13話「その まっしろな朝を…」(終) | トップページ | 舞-乙HiME(マイオトメ) 第12話「仮面舞踏かい?」 »

ガン×ソード the final「タキシードは明日に舞う」

OPは曲無し、銀河万丈さんのナレーションのみ.

「歴史をやり直す」だからエレナが生き返るとカギ爪、しかしヴァンは「俺からエレナの死まで奪う気か!」と反発.カギ爪「愛しき馬鹿よ」って、いくら話が通じないからってねぇ.

ミハエルを止めるべく、腕を撃つウェンディ.カギ爪を悪く言われて激昂するミハエル、思わず妹の首を絞めてしまいますが、その目を覚ましたのはカメオ、やっぱり重要なキーになりましたね.

何度もバースデイに向かっていっては倒されるDANN、そして走馬燈を見るヴァン.あわやの瞬間、ウェンディとの初めての出会いの思い出から、許嫁を思い出し、「エレナー!」と復活.燃えるぜ!
ちょうどその頃、ジョシュアはメイン動力ラインをカットし、カルメンは触媒の花を破壊.そしてカギ爪の計画を完全阻止.

正気に戻ったミハエル「僕は僕の道を進みたい、だからお前はお前の道を」と、ep.XIの時はゴミ箱に捨てた銃を、今度はウェンディにしっかり手渡すミハエル.もう迷いは無くなってるんですね.

今度は「馬鹿代表」としてヴァンを取り込み、再び計画をやり直そうというカギ爪.そこへ無人ヨロイを全滅させ、バリアを突破したプリシラとエルドラ一行が駆けつけ、ep.IIIとは逆に、DANNを投げつけるエルドラソウル.ウェンディも現れて気合い一発、バースデイを一刀両断するDANN.
そしてとうとうカギ爪の間近に迫るヴァン、ついに復讐を完結.

ファサリナとミハエル、最後に再会するも頭上から破片が落下.「どこまでもむかつく女」と言い捨てるカルメンでしたが、あの二人ならなんとか生きてそうかも.

迫る大津波、ヴァン達を助けに来たのはキャプテン・カイジ(と水着女王).最後の最後においしいところをもってきますね.

自分の目的を達成して、再びDANNにのって旅立つヴァン.
「また会いに行くよ、答えをもらいに」と見送るプリシラ.
最後の最後に「ありがとな、カルメン」とヴァンに名前を呼ばれて照れるカルメン.
「待ってよ」と呼びとめかけて止め、背を向けて走り出すウェンディ.
女性陣それぞれなりの別れ方でしたね.

と、ここまでがウェンディが記者(声は銀河万丈さん)に語った回顧譚.実はこれまでの次回予告のナレーションは、みんなウェンディが記者に話した科白だった、ということですね.それにしてもどのくらい時間が経過したのか不明ですが、カメオは巨大になってますなぁ.
「だって、世界を救ったヒーローなんですから、だから、きっといつか会えます」とウェンディが言ったその次の瞬間、ヴァン登場「すいません、何か食い物とミルクを」.そしてOP曲の別ヴァージョン.いーい終わり方だ.
ED提供イラストは、食卓で叫んでる(たぶん「うまーい」とか)ヴァンと巨大カメオと、照れてる(?)ウェンディ.


個性的すぎる登場人物、DANNを初めとするメカアクション、次々と明かされていく謎や世界観など、文句なく面白い作品でした.この後の彼らの人生に幸多からんことを!

|

« ARIA The ANIMATION 第13話「その まっしろな朝を…」(終) | トップページ | 舞-乙HiME(マイオトメ) 第12話「仮面舞踏かい?」 »

アニメ・ガン×ソード」カテゴリの記事

コメント

13話あたりからちょっと見つからなかった分が読みたくて仕方ないと思うほどのいい感想だ

投稿: | 2011年10月29日 (土) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8211/15643458

この記事へのトラックバック一覧です: ガン×ソード the final「タキシードは明日に舞う」:

« ARIA The ANIMATION 第13話「その まっしろな朝を…」(終) | トップページ | 舞-乙HiME(マイオトメ) 第12話「仮面舞踏かい?」 »