« ガン×ソード the final「タキシードは明日に舞う」 | トップページ | 交響詩篇エウレカセブン 第36話「ファンタジア」Fantasia »

舞-乙HiME(マイオトメ) 第12話「仮面舞踏かい?」

ジパング王子訪問にもかかわらず、行方がわからないマシロ姫、サコミズ「あのマシロ様のオバカ、ゴホン、て、天真爛漫さを真似られる者など」、でアリカを見つめる一同、わはは.

恋愛ドラマでよくあるような並木道でマシロに告白するナギ「君のためなら、死ねる!」「ならばわらわのために死んで見せよー!」ビシッバシッ.いきなりギャグで始まりましたよ.ナギ「あー、もっとー!」って石田彰さん...

マシロの身代わりでいっぱいいっぱいのアリカ、ぼろを出しそうになるたびニナのひじ鉄が.厳しい友情だねぇ.

アオイとチエ「アオイの頼みだからね、いつだって飛んでくるさ」「もー、そういうのは学園の中だけにしなさいってば、チエちゃん」二人は幼なじみなのかな?チエ的にはアオイのことをとても気にかけているようですが.

巧海に救われてヴィント市の裏側に連れてこられ、期せずして自分の国の実態を知るマシロ.これが女王としての自覚が出てくるきっかけになるのか?
やっぱりホントのジパング王子は巧海、晶は身代わりってパターンでした.でも晶の持ってた印籠の印って、昔のサンライズのマークをもじってますよね.
誕生日と知って花を一輪贈る巧海、マシロ的にはfall in loveってやつですか.

王子のふりをしている晶に、効果音どおりピーンと来るシズル.蛇の道は蛇?

内容的には、けなし合ってるものの、雰囲気的には親しげに会話するアリカとセルゲイに、面白くなさげなニナ.複雑ですなぁ.

そしてマシロと巧海のお忍びデート、噴水側でジェラートをなめるのは「ローマの休日」以来の定番ですよね.そして縁日にスワンボート.

巧海の薬ケース、前作と同じ.大切な人「お姉ちゃん」を探しに来た、って、やはり舞衣のことでしょうね.

ナオとアカネ、珍しい組み合わせの会話「だめよ、カズくんは」「冗談よ、ま、うっかりオトメの資格を無くさないように気をつけるのね」わはは.

オトメの模擬舞闘の見学、ダレダレのアリカにニナの肘鉄&アッパーのコンボ炸裂、わはは.

身代わりでクタクタのアリカと晶.「姉様にいつもべったりだったからな」と晶、前作と同じ境遇のようで.そして一息入れようとサラシ姿になったところで「やっぱりおなごはんどしたか」とシズル登場.あっさり晶の背後を取って「他は誤魔化せても、うちの目ぇは誤魔化せませんえ」やっぱり蛇の道は蛇.

あわやのところにアリカ登場の隙にまぎれて逃走する晶、でもその赤影みたいな仮面はやめたら?
伊織の報告「若が妙な娘と連れ立っていたらしい」って、戴冠式までしているのに、マシロの顔をちゃんと知らないなんて、密偵失格でないかい?

巧海に「誕生日で町中がお祭り騒ぎをしたり、お城の改築をする前に、この国の女王は、やることがあるんじゃないか」と耳の痛い言葉を聞かされるマシロ.あげくマリー・アントワネットばりに「パンがないなら、菓子を食えばよい」とまで言ってしまいました.早く目を覚まさないと、処刑されますよ?

具合を悪くする巧海に、晶がかけつけ「ええい、控えい、控えおろう!」とサンライズマークの紋所、わはは.そらみんな平伏しないと.

巧海に薬を口移しする晶、それを見つめるニナ、マシロ、アリカ「男の子だよね、二人とも」「それも一つの愛の形どす」って真相知ってるのに、白々しいなぁ、シズルさん.

「炎綬の紅玉」の名前を出されてひるむナツキ、巧海「彼女は恋と夢に引き裂かれた.強い人だと、皆思っていた、なのに」って、どういう経緯があったのでしょうか.

ジパングからの文面の「鴇羽」の印に見入るセルゲイ、あんたやっぱり舞衣にもコナかけてたんだね、気の多いヤツめ.
そしてナツキが見つめる写真にも舞衣の姿が.まだまだひっぱりますか? そんなEDの始まりは別アレンジバージョンでした.

次回予告、「いいじゃない、僕はいつでも、晶君の虜なんだから」「アカネさんに言われたくないです」って、巧海の次回予告は前回同様キレがある.

|

« ガン×ソード the final「タキシードは明日に舞う」 | トップページ | 交響詩篇エウレカセブン 第36話「ファンタジア」Fantasia »

アニメ・舞-乙HiME」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞-乙HiME(マイオトメ) 第12話「仮面舞踏かい?」:

« ガン×ソード the final「タキシードは明日に舞う」 | トップページ | 交響詩篇エウレカセブン 第36話「ファンタジア」Fantasia »