« 魔法少女リリカルなのは 第七話 三人目の魔法使いなの!? | トップページ | 魔法少女リリカルなのは 第九話 決戦は海の上でなの »

魔法少女リリカルなのは 第八話 それは大いなる危機なの?

いざ出動しようというクロノに、それまで凛々しかったリンディが「気をつけてねー」、なんだか脱力系?

フェイトとアルフは逃げだしましたが、なのはとユーノはクロノに連れてかれました.そして人型に戻るユーノ「なのはにこの姿を見せるのは、久し振りになるのかな?」
パニックのなのはに、勘違いしていたことに気付く彼.ポクポク、チーンって、わはは.

リンディの部屋は盆栽からお茶に羊羹まで、和風満点ですね.ギャップ激しすぎます.
しかも日本茶に砂糖とクリーム入れてる時点で可笑しいし.吃驚してるなのは、アイキャッチにも反映.わはは.

なのは世界は並行世界モデルでした.進化しすぎて滅んだ世界の遺産がロストロギアと呼ばれ、その一つがジュエルシード、正体は次元干渉型エネルギー結晶体.これが発動すれば、時空レベルでの大地震が発生し、実際にかつて隣接する並行世界がいくつも崩壊した.願いをかなえるアイテムってわけじゃなかったんですね.

時空管理局の登場に、逃げようというアルフ.でも、あくまでプレシアをかばうフェイト.アルフの心が痛いなら、自分はもう悲しんだりしない、という彼女.アルフ的には、そうじゃないんだよね、もどかしいですね.

これ以上の民間人の干渉は不要、とクロノに言われ、一旦は家に帰ったなのはとユーノでしたが、一度始めたことは投げ出せない二人.
なのはの魔力値とか、自分たちに利用価値があることを話し、時空管理局に協力する形で今後も関わらせろと談判.「ま、いいでしょう」と承諾したリンディ、穏やかに見えて、なかなかどうして、くえない人物かもしれませんね.

母親に言えるかぎりを話すなのは.「それはもういつだって心配よ、お母さんはお母さんだから」、でも、娘が自分で決めたことだから、止めはしない.
自らの目的のために、フェイトをこき使うプレシアと、なんとも対比的.

神秘の世界(違)?」、そういやそんな名前の作品がありましたね.

|

« 魔法少女リリカルなのは 第七話 三人目の魔法使いなの!? | トップページ | 魔法少女リリカルなのは 第九話 決戦は海の上でなの »

アニメ・魔法少女リリカルなのは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女リリカルなのは 第八話 それは大いなる危機なの?:

« 魔法少女リリカルなのは 第七話 三人目の魔法使いなの!? | トップページ | 魔法少女リリカルなのは 第九話 決戦は海の上でなの »